RECRUITING INFORMATION三井物産スチール株式会社

社長メッセージTOP MESSAGE

picpic

チャレンジできる舞台を
用意します
何事にも飛び込む勇気だけ、
持ってきてください

三井物産スチールの企業文化についてどのように考えていますか?

三井物産スチールは、総合商社直系の鉄鋼総合商社として、国内外に広がる三井物産のネットワークをフル活用してビジネスを展開しています。そのパワーの源は「自由闊達」という言葉に象徴される企業文化にあると言えるでしょう。社内には誰とでも遠慮なく話せる空気があり、私自身、入社2〜3年の若い人たちと色々な話をします。分からないことがあれば、社内外の誰に聞いても丁寧に教えてくれる。意見が異なる人とは議論になることもありますが、そんな多様性こそが当社の強みです。様々な発想や経験、価値観を持った「個」が互いにリスペクトし合い、同じ方向に向かって共に働くからこそ、強い組織力が発揮できるのだと考えています。

強い組織力が生み出される根源は自由闊達な組織風土なのですね。
鉄鋼業界は激動の時代とも聞きますが、今後のビジネス展開についてはどのようにお考えでしょうか?

世界的な規模で産業構造が変化している今日、日本鉄鋼業においても市場規模縮小を見据えた構造改革等、大きく激しい変化が恒常化しています。各国の保護主義政策の流れからくる地産地消化、脱炭素を踏まえたサプライチェーンの組み換え等、乗り越えるべき課題は山積みです。そうした中、私たちのビジネスも新たなステージへ踏み出しています。
例えば、部品メーカーとの協働により、素材流通から部品加工の分野に踏み込む。地産地消のニーズに応えるために、現地で調達・流通が完結するスキームを構築することもあり得ます。どんな場合でも、私たちが最優先に考えるのは顧客です。顧客が直面する課題にしっかり寄り添い、三井物産の総合力をフル活用しながら解決に向けた提案をする。構造改革をビジネスチャンスと捉え、顧客とともに成長することを目指しています。

pic

三井物産の総合力について、詳しくお聞かせいただけますか。
三井物産の他の事業本部との関係性はどのようなものでしょうか?

三井物産が中期経営計画で掲げる「変革と成長」の中で、私たち三井物産スチールを中核とする鉄鋼製品本部は、鉄をはじめとする素材の力をいかし、産業課題・顧客の潜在的ニーズを先取りしたモノ・コトを創出するプロフェッショナル集団を目指しています。2020年秋にはエネルギー資材を扱う部署を三井物産から移管し、鉄鋼物流の全領域が三井物産スチールに合流しました。毎日現場に接する私たちこそが、鉄に関わるプロフェッショナル集団の最前線であると自負しています。
一方で、三井物産には「健全なる領空侵犯」を推奨する風土があります。例えば、これまで鉄を主材料としてきた自動車産業は私たちの重要な顧客であり、そのニーズに応えてアルミ板や炭素繊維を扱うことは自然な流れです。私たちが扱っていない商材であっても、顧客にとってメリットがあることであれば、三井物産の16の事業本部間の垣根を越えた越境行為を認め合うのは合理的な判断であり、ここでも自由闊達な企業風土が生きています。

鉄鋼に限らず、あらゆる分野への挑戦も可能なのですね。
どのような資質を持った方と働きたいとお考えですか?

プロフェッショナル集団であるためには強い「個」が必要です。商品知識、地域力、商人魂、マネジメント能力。なんでも良いので「これだけは誰にも負けない」と言える強みを育ててください。もちろん、初めは誰でもアマチュアです。重要なのは、あらゆることに興味を持ってアプローチし、学ぼうとする向上心です。責任感があり、謙虚で、仕事においては何事も正面から誠実に受け止める。そんな素養さえあれば、プロフェッショナルとして成長できる環境が三井物産スチールにはあります。
かく言う私にも、先輩たちの強さに圧倒され、「気の弱い私にやっていけるのだろうか」と悩んだ新人時代がありました。自分にできることは、謙虚に、誠実に、逃げることなく仕事と向き合うことだけ。それでも、これを繰り返すうちに周囲の信頼を得て、自分のスタイルを確立することができたのだと感じています。

それぞれの強みを生かし、存分に発揮できるフィールドがあるのですね。
最後にメッセージをお願いします。

変化の激しい今の時代、真の強さを発揮できるのは、皆が同じ価値観を持つチームではありません。違う価値観を持ちながら同じベクトルに向かって猛進するメンバーが集まったチームだと考えています。かつての自分を振り返ると、いろいろ悩みはあったけれど、先輩方の価値観を押し付けられたことはありません。分からないことはどんどん質問し、自分のスタイルを見つけ出せる環境はきちんとあったのだと感じます。大切なのは、誠実に自分らしく突き進む「勇気」です。
三井物産スチールに興味を持っていただいたのであれば、恐れることなく何事にも飛び込んでいける「勇気」だけ持ってきてください。チャレンジできる舞台は、私たちが用意します。自分の夢を叶えるための舞台があると感じて頂いた方、ぜひ一緒に仕事をしましょう。

pic